スタッフ紹介

staff


テレビ東京「L4YOU!」「路線バスの旅」など
ディレクター
小森あすみ (2005年度入社  奈良大学社会学部 卒業)

 

komori01 昔は、「あんな人が多くて、空気の汚い所へなんて誰が行くもんか!」と思っていたのにも関わらず、気が付けばいつの間にか、高層ビル街の人ゴミに紛れ込んでいた。なんて事はない。望む場所もやりたい事もひっくるめて、好き嫌いに線など引くことが出来ない。
それが生きるという事なのだろう。(クサイ~)

 

嫌なことも視点を変えてみる。とりあえず嫌いなこと、そう“満員電車”何とかして避けようと、家は近場を選んでみたものの、東京の電車というのは朝遅くても夜遅くても、どんな時間帯でも混んでいて全くゆっくりしていられない。奈良では全くありえない状況だ。この際、満員電車も制覇してやろうと思い、ドア入ってすぐ椅子の側を陣取り、渋谷から押され流される人々を日々観察しては関心している。満員電車では、押し合いなど当たり前。少々のことでは誰も相手を咎めたりはしない。そこで先日、私も無理やり押し入ってみた。全身全力をかけ、破裂しそうな車内へ赤の他人を押し込み、ドアが閉まるのを待つのはこれが結構楽しい。その後、ドアと人に挟まれて苦しい思いはするが、それもここならではの味なのだろう。時々ならそういう思いをしてみるのも良い。まあ、普段は被害の少ない端っこを自分の場所にしてしまえば、優越感に浸れるのだから悪くない。

 

こんな風に一日一日過ごしている。睡眠時間のある不規則な今までの生活と、睡眠時間の少ない不規則な生活では、だいぶ体力的に違うようだが、仕事の中や生活の中にあるもの、先の見えない、自分の目標だけを頼りに進んでいく…そんな冒険的な所があるから良いのかもしれない。とにかく、自分の大学が名も無い大学だからと言って、諦めなくて良かったと思っている。
諦めなかったからこそ今私は、満員電車に埋もれている。

 

さぁ、今日も勝負が始まる!!