スタッフ紹介

staff


テレビ東京 「よじごじDays」
アシスタントディレクター※2019年現在

高橋佳那(2019年度入社 読売理工医療福祉専門学校 放送映像学科卒業)

この業界を目指すきっかけは嵐の『Sakura』のミュージックビデオの大きな桜の木のセットを見て、「こんなセットを作りたい!」と思ったのが始まりでした。
大道具さんになりたいと思い、いくつかの学校の体験授業を受けたところ
読売専門学校の体験授業でスタジオカメラを初めて触り、番組作りを体験して
「楽しい!」と思い本格的にテレビ業界を目指すようになりました。
授業では全員がカメラや照明・音声などにおいて専門的な勉強をします。私はそんな日々の授業の中でたくさんのことを学び将来は音声さんになろうと思っていました。しかし就職先を決めきれずにいたところ音声担当の先生に「高橋は制作に向いてるよ」と言われました。
その一言は音に関わる仕事がしたいと思っていた私にとっては衝撃的でした。
何故ならそれまでは制作の道は全く考えていなかったからです。
ですが、その後の授業でのドラマ作りや番組作りを通して自分は企画・制作をするのが好きなんだと分かりました。
ドラマ作りの授業では「教室」というテーマで学科全員が台本を作り、その中からドラマ担当の先生が一番いいものを選びその台本を使って撮影をする。というものでした。
その授業で私の台本が選ばれ、自分で脚本・カット割り・演出・キャスティングを考えカメラマンや照明さんなどに指示をしながら撮影を行いました。
その時初めて<自分の作品を作る>という事を経験し、約1ヶ月間の撮影期間を通して自分で制作する事の楽しさを知りました。
スタジオを使った番組の授業でもディレクターやADを担当していた事も
多かった為、たくさんの先生方に「制作に向いてるよ」とアドバイスを受け自分は
制作に向いているのかもしれないと思い、制作の道を目指すようになりました。

入社してまだ日も浅く勉強の毎日で先輩方のように仕事をこなす事が出来るか不安
ですが少しずつ吸収して仕事を楽しんで出来るようになりたいです。
今はまだ不安な事も多く自信もありませんが、自分で番組を作る事や、他にもやってみたい事叶えたいこが沢山あります。
その夢を叶えるために、まずは小さな事からコツコツと積み重ねていきたいと思っています。